以前と比較すれね健康面や環境面のことに興味を持つ方が増え、水にたいする世間の人々の関心が大きくなったように感じます。水は生きていく上で必須アイテムですし、飲料水(水道水は水道法、ミネラルウォーターは食品衛生法によって基準値が定められています)として体内に摂取するに限った事ではなく、手を洗ったり洗濯をしたり、日々私達の身近に存在している物です。手を洗う水や洗濯やお風呂に使ってみる水は水道水(上水道によって各家庭に提供されている水をいいます)を使わざるを得ない状況そうはいっても、体の中に取り入れる水は浄水器(活性炭を使ったもの、逆浸透膜を使ったものなどがあり、それぞれ性能が畭なります)などで放射性物質を除去することが可能なんでしょうか?家庭で使われているような普通の浄水器のフィルターには、活性炭が用いられています。この活性炭はヨウ素が活性炭につきやすいと言った性質を持ち合わせているため、浄水器(水道水から有害な物質を除去するために使いますね)でもヨウ素を取り除くことが出来るのではないかと予測がされています。しかし、これはあくまでも予測であって、セシウムなどには対応していないでしょう。しかも、フィルターですので、そこにヨウ素が溜まってしまうのではないだろうかという不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)も残ります。それに、浄水器(水道水から有害な物質を除去するために使いますね)のフィルターをこまめに入れ替える必要がありだといえるはずですね。一方、韓国のあるメーカー(不良品などの問題が発生したら、製品を回収しなくてはいけませんよね)のRO浄水器(水道の蛇口に取り付けるタイプが一般的ですが、ポット型のものも手軽で人気です)は、ウランやセシウムなんかの放射性物質を99%ろ過出来るといったデータを発表しています。このように、海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)外の浄水器(水道の蛇口に取り付けるタイプが一般的ですが、ポット型のものも手軽で人気です)メーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)では、放射性物質をろ過行うことが出来るという製品が多く発売されてると言われています。ただ、月額が6500〜7400円と結構なお値段ですから、まだそれ程普及していないでしょう。以上のようなことから、浄水器を使うより、ミネラルウォーター(最近では、家庭用のウォーターサーバーなども人気です)やウォーターサーバーのレンタルを考えた方が確実なのかもしれませんー